避妊薬で難を逃れる技!友人が譲ってくれたアフターピル

最後の避妊方法

先ずみなさんが想像できる「避妊の方法」はなんですか?
恐らく、「コンドーム」と答える人が多いのが一般的だと思います。
また女性であれば恐らく、計画的に女性の意志で服用できる避妊薬「低用量ピル」と答える人もいると思います。
しかしこれ以外にも避妊の方法はあります。
アフターピルと呼ばれるもので、"緊急時にのみ"服用する避妊薬です。
SEXで予想外のことは突然、やってくるものです。
・コンドームに穴が…
・膣内で外れてしまった…
・安全日だと思ったから「生で良いよ」って言ってしまった…
など、生で挿入してしまうのは想定外とは言えませんが、避妊具の故障は「絶対にない」とは言い切れないのです。
そういった場合に「中絶」という女性のからだに大きな負担をかけてしまう方法ではなく、アフターピルを用いることで72時間以内の服用であれば、ほぼ100%に近い確率で妊娠を回避することができます。
【アフターピル:アイピル】
アイピルとは、先発薬である「ノルレボ錠」のジェネリックになります。
「なんでジェネリックの紹介なの??」と言われれば、それは先発薬は非常に高いからです。
保険適用外になるので病院ごとでも値段は変わりますが1錠の処方で5000~20000円ほどかかります。
なのでジェネリックであれば1錠が800円ほどに収まり、万一に備えたお守り変わりに持っておくこともできます。
成分は変わらず、「レボノルゲストレル1.5mg」となっているので同じ効果があります。

【アイピルの作用】
2つの作用が女性に起こり、避妊薬としての効果を発揮します。
1、排卵を止めてしまう
女性のからだに"排卵"が起こることで受精卵となり妊娠します。
なので、受精卵となる機会を失わせるために排卵を止めることで妊娠を回避できます。
2、着床しにくい状態を作る
排卵後の服用となっても子宮内膜の増殖を抑えることで、受精卵が着床しにくい状態を作ることができます。
なので、排卵後でも服用は可能になっています。

【副作用】
・吐き気
・頭痛
・倦怠感
などが起こります。
これはホルモンバランスに変化が出るために起こる症状だと考えられています。
1回の服用で済むので心配の必要はありません。