避妊薬で難を逃れる技!友人が譲ってくれたアフターピル

アイピルの副作用

避妊薬として非常に有名なものがアイピルです。
アフターピルという緊急時に使うことが可能な避妊薬のため、コンドームが破損して避妊が出来なかった時やゴムを着用してくれなかった時、したくないSEXを強引に行われた場合などに使えるものとなります。

ここでは避妊薬のアイピルの効果や使い方、副作用をまとめていこうと思います。
この薬に配合されている成分は、レボノルゲストレルというものです。この成分は受精と着床を防ぐというものになり、どちらにも働きかけることで避妊の確率を非常に高めるという力があります。

アイピルは低用量ピルとは違って、SEXが終わってから服用することで避妊が可能になります。反対に低用量ピルは毎日決められた時間に使い続けることで避妊をしていくものです。

こう見比べると低容量のものを使うメリットがあまりないように感じてしまうかもしれませんが、低容量のものは体にかかる負担がほとんどありません。この薬は緊急用なので毎日使っていくことは良くないとされています。
アイピルを服用して効果が出る時間はSEXを行ってから丸3日以内となります。それ以降に飲んでもほとんど効果が出なくなるため、効果が出ないなんてことにならないためにも、危ないと思ったらスグに飲むようにしましょう。それだけでなく、丸3日以内に飲むよりも、丸一日以内に服用した方が効果が強く、避妊に成功する確率は向上します。
この薬で確認されている副作用は、吐き気がする、お腹が痛くなる、頭が痛くなる、不正出血、気怠くなるなどとなります。特に吐き気を覚えることが非常に多く確認されていて、気持ち悪くて出歩けないというケースも確認されています。なので、服用した日は出来るだけゆっくりと出来るような状況が好ましいとされます。気持ち悪くなることも考慮して、服用する前の食事は控えて、飲んでから食事を取ることをおすすめします。
これらの症状は長くて2日程度で治るものだとされておりますが、もしも症状が長く続いてしまう場合は、1回病院に行って相談してみましょう。

購入するにはパソコンやスマートホンから通販サイトを利用してみると良いでしょう。
その時は安全だと確認されているサイトを利用するよう心掛けましょう。
安全だと確認されていないところを利用してしまうと、成分が粗悪であったり、そもそもぜんぜん違う成分が使われているというケースも確認されています。
そのような種類のものを利用すると、効果が全然出ない以外にも、体に悪い影響が出る可能性も高くなってしまいます。そのため出来るだけ長い間運営されていて信頼できるところから購入するように覚えておいてください。そうすればもしものときに安心して使えるアフターピルが安く購入可能になります。