避妊薬で難を逃れる技!友人が譲ってくれたアフターピル

ピルの比較

コンドーム以外の避妊方法として低用量ピルとアフターピルがあります。
この2つを知っていてもどのような違いがあるか知っている女性は少ないと思います。
今回はこの2つを比較してどのような違いがあるのかをご紹介し、より理解していただければと思います。

低用量ピルは経口避妊薬のことを指しており、今のところ日本で出来る避妊方法では一番確実で安全だと言われている飲み薬となります。
毎日決まった量を使い続けていくと排卵を抑えて、高い確率で避妊に成功するというものになります。この薬を使っていくと生理周期が安定し、月経の乱れも治り、生理痛も弱まるため、避妊のため以外にも使っている人がいるくらいです。これ以外にもお肌の荒れを防止するためや、貧血を治すためにも使われています。

アフターピルは、先ほどご紹介したタイプとは違い、SEXを行った後に飲むタイプのピルになります。
使い方の違いとしては、SEXをして避妊に失敗してしまった時の緊急時に使うタイプとなります。この薬の避妊成功確率は80%以上とされています。この薬の効果が出るのはSEXを終えた後、72時間以内となっており、飲むのが早ければ早いほど成功率は上がっていきます。
早く飲む必要が有るため、常にストックを持っておき、緊急時にスグに利用できるようにしておいた方が良いでしょう。
前者のものは毎日使うタイプで、SEXをする前にきちんと飲んでおいて高い確率で避妊をしてからSEXをするもので、後者のものはSEXの後の緊急時に使うものとなります。
どちらが優れているということで決めるのではなく事前に対策をしておくタイプと緊急時に頼りになるタイプという違いがあります。
常に避妊のことを考えるのであれば、前者をきちんと服用しておき、もしも飲み忘れてしまったりした時に後者を利用してみてはいかがでしょうか。自分で自分を守ることが出来るので、両方共準備しておくことをおすすめします。

この2つの大きな違いは先程紹介した通り飲むタイミングなどになっていますが、もう一つの違いとして配合されている女性ホルモンの量があります。前者に含まれている女性ホルモンの量は50マイクログラム未満となっており、後者に含まれている女性ホルモンの量は50マイクログラムとなります。
後者の方がホルモン量が多くなっているため、副作用が酷くなってしまうことがあります。そのため後者のものを毎日飲み続けたりしてしまうと体に良くありません。本当に危ない時だけ使うようにすることを忘れないようにしましょう。
今回ご紹介した2つの薬の比較は以上になります。どちらもきちんと使えば避妊をしてくれるものなので、使い方を間違えないようにしましょう。